ミドルマネジャーの変わりたい!を応援するコンサル会社です。

営業マン科

「営業病」診断と処方箋が必要なあなたへ

“営業病”診断
教育や研修を通して、営業の現場でよくお伺いする不具合現象には、いくつかの共通項があることがわかってきました。
その不具合現象を病名に例えて“営業病”と名づけました。(病気になぞらえて気を悪くなさらないでください。かつて“英国病”からの脱却を唱えて見事に復活したサッチャー英国首相の例もあります。)

御社の営業現場には、以下のような症状はありませんか?
気になる方は、一度診断してみてください。
診断結果をメールにてお送りいたします。

営業病の診断項目

以下の各項目についてその症状の程度に応じて5段階で回答してください。

⑴目先病 月末期末の追い込み型で数字づくりに苦戦するパターンになっていませんか?
⑵多忙病 緊急業務の多発型で仕事に追われ時間管理苦戦パターンになっていませんか?
⑶作業病 受発注や納品の実務に追われ見込みづくり不足パターンになっていませんか?
⑷値引病 厳しい競争下で差別化不足で苦労し利益確保苦戦パターンになっていませんか?
⑸守成病 慣れた売り方でマンネリに陥り殻を破れず停滞パターンになっていませんか?
⑹慢心病 慢心してより高いレベルを目指さないパターンになっていませんか?
⑺他罰病 売れない理由の責任転嫁や自分を責めて自信喪失パターンになっていませんか?
お名前必須
E-mail必須

PAGETOP
Copyright © 株式会社トータル・マネジメント All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.